スリムクラブまでも!どこまで続く芸人闇営業、つぎは〇〇〇か?

スリムクラブまでも!どこまで続く芸人闇営業、つぎは〇〇〇か?

きっかけ

 

この投稿をInstagramで見る

 

【じれったい闇】 いよいよ、こっち方面にも飛び火して来たか… 捜査の手が伸びた際、捜査官に「(その件に関しては)話したくはない」の一点張りで、EVERY DAY EVERY NIGHT押し通せるか…? #闇営業 #森友嵐士 #カラテカ #入江慎也 #友達5000人 #六本木のパーティー #TBOLAN #離したくはない #ゲンザジゴロックオーケストラのレパートリー

★ジゴロのゲンザ★さん(@sweet_gene_the_gigolock)がシェアした投稿 –


カラテカの入江慎也氏をきっかけに、吉本興業所属の芸人
11名(別の事務所を合わせると13名)が謹慎処分となりました。

入江氏は芸能人、スポーツ選手、会社経営者などの複数の人脈を
活用し、講演やコンサルティング、書籍の出版など芸人としての
活動より、サイドビジネスに大変力を入れていたようです。

そのなかで、複数の芸人に闇営業を斡旋するような行為も含まれ、
これに対し吉本興業は入江氏を即刻解雇とする処分を下しました。

常識的に考えて、会社の利益に反するような斡旋行為を、しかも
反社会勢力ともつながりつつ行うことが、許されると考えて
いたのでしょうか?

吉本興業所属の芸人でも、まともに給与を貰っている人の数は
ほんの一握りでしょうが、若い芸人の中には、将来の希望をもって
アルバイトで食いつなぎながら、真面目に芸に取り組んでいる
人たちもたくさんいます。

入江氏の様に、中堅芸人には先が見えてしまう事もあるかと思います。
トップランクには到底なれない、ならばそこそこの知名度を利用して
サイドビジネスをと考えるのは、いわば当たり前のことかもしれません。

多くの場合は、飲食店を開業してみたり、ネットビジネスを始めたり
あるいは投資に走ったり様々な手段で、より高い収入を得ようと
考えています。

芸人なら芸を磨けという建前はありますが、人それぞれ生活があります
から、副業に関してとやかく言われる事もないと思いますが、ただ
最低限のルールは守らなければなりません。

入江氏の取った稼ぎの手法は、余りにも短絡過ぎていました。
またそれに関わった複数の芸人たちも目先の収入に目がくらんだ
のでしょうが、美味しい話には何か裏があると認識しなければ
この世界で生き残れません。

スリムクラブも

この度の一連の闇営業の報道を受けて、新たにスリムクラブ
名前があがりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#スリムクラブ 2019年作画 ・ ・ #似顔絵 #人物イラスト #お笑い芸人 #吉本興業

Masa(似顔絵)さん(@nigaoe_masa)がシェアした投稿 –

個人的には、その独特の風貌とユニークな声で漫才をやる二人
がとても好きでしたので、もうメディアでお目にかかることが
できなくなると思うと、本当に残念で仕方がないです。

彼らも、仲介役の芸人の紹介で、しかも僅か15万円のギャラ
暴力団関係者の誕生日パーティーに出席してしまいました。

2700という訳の分からない芸人も同席したそうですが、事実
としたら余りにも悲しいです。15万円のために残りの人生を
棒に振ったのですから。

先の入江氏の件も含めて、反社会的勢力に対しての認識があったか
どうかが焦点となっておりますが、結果として反社会的勢力と
つながってしまったことの事実はかえられませんし、本人の
認識が甘かったと言わざるを得ません。

おそらく、入江氏から端を発した今回の件でまだまだ名前のあがって
いない芸人が複数存在すると思います。戦々恐々としながら事の
成り行きを見守っている事でしょう。

吉本興業のそもそも

吉本興業では、過去にも中田カウスボタンや、島田伸介氏などが
暴力団との関係を取りざたされたことが有りました。

目立っているのは吉本興業ですが、芸能の世界では、昔から存在
する事であり、他のプロダクションにも多かれ少なかれそういった
つながりがあることは周知のことだと思います。

芸能界の黒歴史

現在芸能プロダクションが行っている仕事は、昭和中期頃まで
興行師として暴力団傘下の芸能事務所が仕切っておりました。

芸能に限らず、相撲などもそれ以前からあらゆる形で裏社会と
共存していたのは周知の事です。

芸能人は、芸を披露してお客を集める。
そこで起こりうるさまざまなトラブルは裏社会が請け負う。

こういう構造はしばらく(おそらく20世紀までは)続いていた
と思われます。現在もあからさまではないにしろ、少なからず
その過去の影響が残っているのではないかと思います。

ただ昔の任侠と違うのは、芸人との共存ではなくあくまでビジネス
としてとらえ、芸人から金銭的な収益のみを手段を択ばずに吸い上げ
ようとしている節が垣間見えます。

よくあるハニートラップや、禁止薬物問題などもその一つでしょう。

華やかな芸能界、金銭の集まる所にはいろいろな人種が集まります。
様々な誘惑や、罠をかいくぐっていきのこるのはとても困難だとは
思いますが、真面目に、必死に取り組んでいる人たちも芸能界
には沢山おられます。

その人たちの夢や希望を壊してほしくないですし、視聴者にも
純粋に楽しめるエンターテイメントとして存在し続けて欲しい
ものです。

個人的な意見では有りますが、芸能界も反社会的勢力も実は
利害が一致する部分が有り、お互いがその立場を利用しあって
いたという側面が有ります、

一方的に反社会的勢力のみを糾弾するのではなく、
芸能界自体の体質も変えていかなくては
こういった事件は、終わりを見ないのではないかと考えます。

スリムクラブの次に出てきそうな芸人

ここからは憶測ですが

「3人組の大物人気芸人Xなども、
動画こそ出回っていないが、
個人的に反社会勢力の集まりなどで芸を披露しているというのをはよく聞きますね。

これが表沙汰になったら
いろいろと他にもすごい話が噴出するはずなのですが…」
(芸能誌デスク)

しかし、
反社会勢力の会合で闇営業をしている芸人は
もちろんスリムクラブだけではない。

3人組の人気トリオ芸人も、
よくそうした会合に出席していると話に聞く。

その他に、

「大手プロダクションYに所属する芸人の闇営業は昔からですね。

吉本興業に比べて歩合給はいいですが、
あまりバラエティには力を入れていません。

海水パンツ一丁でヤクザの前で芸を披露していた芸人などが窓口となって、
中堅から新人まで呼ばれてやっていました」
(前出芸能誌デスク)

などと巷では噂されていますが、確証はないですし、ここでは
これ以上の詮索は止めておきます。

まとめ

ただ、芸能界の一部で起こった事件ではない事はどなたにも
容易に想像がつくと思います。我々視聴する立場の人間に
できるだけ裏の顔を覗かせずに、純粋に楽しめるように
して欲しいものです。

 

旬のネタカテゴリの最新記事