ハゲ・薄毛対策としての毛活1⃣(これ以上進行しないために見直そう生活習慣)

ハゲ・薄毛対策としての毛活1⃣(これ以上進行しないために見直そう生活習慣)

はじめに

こんにちは、ぴよこです。
世の中のハゲ、薄毛でお悩みの皆さん、今までいろいろ試行錯誤
しながら薄毛改善のために努力されてきたことと思います。

私も薄毛のために、様々な手段で抵抗し続けてきました。
育毛剤、発毛剤、頭皮マッサージ、サプリメントなどなど、
個人の判断で「これはいいかも」と思えることは予算の許す限り
トライしてきました。

大変だったね。
親鳥
親鳥

しかしことごとく、失敗に終わってます。

今や見る影もなく、頭頂部は禿げ上がってしまいました。

お見事!
ヤンピー
ヤンピー

失敗の原因は、

その① とにかく根気がない。
(発毛剤など使ってもほとんど効果が表れる前(1か月くらい)に
止めてしまう。正しい使用法を守れない。)

その② すべてが我流で、本当に自分に合った対処方であったかわからない。

その③ 病院やクリニックにはとても行く勇気がなかった。

その④ 生活習慣を変えようとしなかった。

以上です。

20代30代の方に私のような失敗を繰り返して欲しくないと思い。
今回は原因その④の生活習慣について、お話ししたいと思います。

あなたが薄毛でお悩みの時、その対処法として真っ先に思いついたのは
何ですか?

おそらく、巷にあふれている育毛剤だと思います。
私もそうでした。人は皆何か悩みがある時その解決方法として
できるだけ身近で楽にできる方法を探し求めます。

ダイエットを想像してみて下さい。もし身近に痩せられるサプリメントが
あれば、ひとまず試してみようとするはずです。

誰でもジムに通って汗を流したり、毎朝1時間ほどウォーキングしたり
したくありませんよね。スポーツ好きなら別ですけど、逆にそれができる
人ならそんなに太らないでしょうし。

ほとんどの人はできるだけ楽に、その悩みに対処しようと考えるはずです。

そもそもそれが間違いです。

楽して得られるものは、簡単にリバウンドしてしまうものです。
No pain,No gainです。

たまにはいいこと言うねぇ。
親鳥
親鳥
ぴよこ
ぴよこ
たまにはね。

ハゲ・薄毛対策には、育毛剤・発毛剤、AGA治療などありますが
それらと並行して、健全な根本的な頭皮環境づくりのために、自身の
生活習慣を見直し、改善してみてはいかがでしょうか。

(実は、私もこの生活習慣をなかなか変えられませんでした。タバコや
お酒、脂肪分の多い焼肉、夜食などなど頭皮には悪いことばかりが好きでした。
運動も長続きしません。こんな習慣をいきなり変えるのは大変です。

強い意志と、根気をもって少しづつでも改善していきましょう。
そして、育毛剤・発毛剤、AGA治療と併用すればその相乗効果はさらに
上がると思います。)

ハゲない食生活

皆さんが必ず毎日とる食事から改善していきましょう。

ハゲないためにその①

髪の毛に必要な栄養=ビタミン、亜鉛、たんぱく質を取る。

乳製品➩乳製品にはビタミンB群、たんぱく質、亜鉛など頭皮の環境
を良くするものがたくさん含まれています。

いわし➩頭皮の新陳代謝を促すビタミンB6が含まれています。
またたんぱく質、亜鉛も含まれています。
値段が安いのも魅力です。

牡蠣➩不足しがちな亜鉛が豊富に含まれています。
季節にもよりますが、広島のカキは焼いても、フライにしても
炊き込みご飯でもホントに美味しよ。

レバー➩レバーにはたんぱく質はもちろんですが、頭皮に新陳代謝を高める
ビタミンB群、細胞分裂を正常化し頭皮の環境を良くするビタミンA
皮脂の分泌を抑制するビタミンB2などが含まれています。

ぴよこ
ぴよこ
ああっ、生レバー食べたい。

納豆➩納豆には血液をサラサラにするナットウキナーゼが含まれ頭皮の血行
を良くします。また大豆に含まれるイソフラボンは薄毛の原因となる
男性ホルモン「テストステロン」を抑制する働きがあります。
ビタミンB2も含まれます。

代表的な食べ物は以上ですが、その他に髪にいい栄養素別に紹介します。

たんぱく質ーーーー→肉、魚、卵、大豆製品、カキ、牛乳、乳製品

ヨードーーーーーー→ワカメ、昆布、ヒジキなどの海藻類

ビタミンE、A--→人参、カボチャ、ほうれん草、小松菜などの緑黄色野菜
玄米、ごま、ナッツ類、紅花油

エイコサペンタエン酸(EPA)ーー→体内で合成されない必須脂肪酸です。
イワシ、ブリ、サバなどの青魚。

ビタミンB----→玄米、豚の赤身、レバー、マグロ

コラーゲンーーーー→長いも、れんこん、納豆

ハゲないためにその②逆に髪に良くない、あまりお勧めしない食べ物は、

脂ののったステーキ、激辛食品、コーヒー紅茶など脂肪分が多くカロリーの高い
食品や、交感神経を刺激する食品です。

ぴよこ
ぴよこ
ステーキも辛ラーメンもコーヒーも大好き。
だからハゲ散らかすのよ。
親鳥
親鳥

まぁ、全く食べるな、飲むなとは言いませんが、過度に摂取すると悪い影響を
与えてしまうという事です。

また、必要に応じて足りない栄養をサプリメントで補うのもありだと思います。
それから、意外と水分補給も重要です。一日2リットルくらいは取るようにしましょう。

ハゲないためにその③まとめますと

・ビタミン、亜鉛、たんぱく質を積極的に取る。
・脂っこい食事は控えめにする。
・毎日バランスよく、3食きちんと食べる。

ということです。

もちろんこれらを食べ続けたからと言ってすぐさま毛が生えてくるということでは
ありません。あくまで頭皮の環境改善のための食事です。
根気よく毎日取り組んでみましょう。

おわりに

今回は頭皮のための栄養面からお話しさせて頂きました。
私もそうですが、頭皮に悪いものが大好きです。
しかしこれからは、出来るだけ頭皮環境にいいものを、少しづつ徐々にでも
食べるように心がけたいと思います。

次回は、ハゲ・薄毛にいい環境づくり(運動、ストレスなど)について
お話ししたいと思います。

私がおすすめするAGA治療クリニック美容外科医院
こちらです。
AGAスキンクリニック

「女性専用のクリニック」
東京ビューティークリニック

「来院が難しい方には、遠隔診療できるクリニック」
G.グリーンクリニック

ハゲ・薄毛対策カテゴリの最新記事