ヤフオクでギターをお得に出品、落札する方法1⃣(100本以上売買して分かった事)

ヤフオクでギターをお得に出品、落札する方法1⃣(100本以上売買して分かった事)

ごあいさつ

これまで、ヤフオクでギターを買いあさったその数は100本以上に
なります。もちろんストアではなく個人の趣味としていろんなギターに
触れてきました。

目的は、

・とにかくいろんなギターを弾いてみたい。
・自分にとって最良の一本に出会う事。
・メンテナンスを通してより深く楽器としてのギターを学びたかったこと。
・そして再販をしながら少しでもお小遣いになれば、という事。

でした。

もちろん、すべて保管できるわけもなく気に入ったギター
以外大半は再販し、今残っているのは

Martin   HD-28V
Headway  HD-115
Matsuoka   No.1000 クラシックギター
YAMAHA Lー12-5 12弦ギター
Fender Lead  I エレキギター
リペア中のRider  D-600

の6本です。

購入したギターのほとんどがヤフオクです。

そこで、ヤフオクでのギター(主にアコースティック)の取引のやり方、
注意点など私の経験からお話ししたいと思います。

ヤフオクでアコギを買う(手順と注意点)

①ヤフージャパンに登録して専用IDを取得する。

ヤフージャパン登録方法↓

これがないと始まらない。登録はいたって簡単。

会員登録に必要なものは、

・携帯電話番号
・クレジットカード
・メールアドレス(注 yahoomailは使えません。)

くらいです。
複数IDを持つことも可能です。私は2つ持ってます。
(一つは購入専用、もう一つは販売専用にしています。)

また登録と同時にプレミアム会員になっておくことをお勧めします。
プレミアム会員にならなければ、フリマ出品はできますが
オークション出品ができません。
さらにヤフオクシステム利用料が10%→8.64%安くなります。
プレミアム会員の会費は462円(税抜き)/月ですので、しばらくオークション
で売買するとすぐに元が取れるし、何より特典が豊富です。

ヤフープレミアム会員特典↓

[補足]

ヤフオクの取引には銀行口座も必要になります。
おすすめは、ヤフオクでよく利用されている銀行が便利ですし
何かと利点も多いです。

*楽天銀行
楽天スーパーポイントが貯まる楽天銀行!無料口座開設

ジャパンネット銀行

以上のどちらか、あるいは両方とも口座を準備しておくと
困ることはないでしょう。

②欲しいギターの相場を知る。

ギターの値段もその時々によって変化します。

私がいままでで一番記憶に残っているのは、YAMAHA FG-180(通称赤ラベル)の値段です。
今から7,8年前だったかなぁ?
フォークデュオ「ゆず」が使用していたYAMAHAのFG-180と同じギターが
異常な値段を付けてました。発売当時の定価は18,000円です。

何と!10万円以上ですよ!(私の記憶の中では12万円が最高値)

オークションに出品され始めた頃は、2~3万円程度でしたがある段階から
業者が買いあさり始めたのでしょう、一気に値上がりしました。
まるでギターバブルの様でした。

この頃じゃないかなぁ、爆音とか激鳴りとかいう表現が飛び交っていたのは。
(私の一番嫌いな表現です。)

2年ぐらい後になるとバブルも終焉を迎え4~5万円でも売れ残ったりしてました。
私は傍目に、よくこんなギターにそんな値段付けるなぁ。
ミュージシャンの人気は恐ろしいくらい影響力があるもんだなぁ。

と感心してましたけど。

ギターの相場を調べるのに手っ取り早いのは、過去の取引事例を参照することです。
オークファンを参照すればある程度わかりますし、会員になればさらに詳しく
調べることができます。

オークファンを利用しよう。↓



国内オンラインショッピング市場の解析ツールもあるよ↓

せどり、OEM、卸販売の全てに対応な究極ツールが登場!

他に私が良く参考にしていたのが、

・J-Guitar.com
・デジマート

など。
ヤフオクでも過去の取引事例がある程度調べられます。

以上の方法で欲しいギターの相場がある程度把握出来たら、

③落札価格の上限を決める。

実はこの予算を決める事は、オークションに参加する際に一番重要です。

欲しいギターが見つかって、いざオークションに参加し入札を始めると
はじめは、なかなか値動きしませんが、終了間近になると必ず値が上昇して
来ます。

すると欲しいギターなら、もう少し、もう500円と追加入札を
してしまいがちです。最後には2,3人の入札者の競り合いになります。
この駆け引きがオークションの面白いところでもあり、怖いところです。

よし!落札できた!

と喜んで落札額を見ると、当初の予算よりはるか上の金額だった。
という事が起こりがちです。私も始めの頃はセリに煽られたり、欲望に
負けたりしてよく後悔してました。

ヤンピー
ヤンピー
我慢できねーぞ。
だから無駄遣いが多いのよ。
親鳥
親鳥

ですからオークションに参加する前には必ず予算を決め、それ以上の金額に
なったら手を引く勇気を持ちましょう。

5万円なら5万円まで、10万円なら10万円まで予算を決めたら
守る強い意志をもってオークションに参加してください。

欲しいギターがたとえその時落札できなくても、心配いりません。
余程のレアーなギターでない限り、また後日たいてい出品されます。

④出品されているお目当てのギターを探す。

さあいよいよオークションに参加です。

ヤフオクに取得したIDでログインしたら、カテゴリーの「ホビー・カルチャー」
をクリック。「楽器」の中から「アコースティックギター」を選択、
ここで目当てのギターメーカーが有ればそこをクリック。

出品されているギターが一覧表示されます。
ギターの型番がわかれば、検索窓「キーワードから探す」で型番を入力
検索結果を絞り込みます。
さらに画面左の価格絞り込みを利用して、予算内のギターを探します。

これで探しているギターがある程度絞られてきます。

ここで、出品者がストア現在価格(開始価格)が相場より上のものは無視してください。

開始価格が低めで、状態のよさそうなものが見つかったら、そのギターの詳細を
確認します。

出品物の写真が多く、ギターの状態の説明もできるだけ詳しい方が信用できます。
よく、激鳴りとか爆音とか表現していることが有りますが、これも無視してください。
そのギターが鳴るかどうかなんて、弾いてみない事には絶対分かりません。

出品者がストアでも個人でも、商品の良い点は積極的に記載したいものですが、
悪い点も隠さず記載してある商品(出品者)は信用が高いです。

④こんな出品者には注意。

一、出品者の評価が悪い

出品者の評価が0またはマイナスの場合は論外。

良い評価が90%以上あればまず安心ですが、残り10%の
悪い評価にも目を通しておいてください。
悪い評価の内容次第では取引を避けておいた方が良い場合もあります。

評判の悪い出品者(落札者)やトラブルの多い口座を調べるサイト↓

*落札されました

こちらで一度調べてみるのもいいでしょう。

一、ストアでたまに見かける吊り上げ行為

入札者の欄をよく見ると、取引の評価数が一桁代のIDの人が複数入札しいる
事が有ります。そしてある程度の価格になるとピタッと入札を止めたりします。

こんな場合は吊り上げ行為が行われている可能性が有りますので、十分注意して
ください。吊り上げられても冷静に対処して、あくまで予算内での落札に
とどめるよう気を付けて下さい。

また、ヤフオクには次点繰り上げと言う制度が有ります。
これを悪用して、価格を吊り上げるだけ吊り上げ、最高価格の落札者が
キャンセルし、自動的に次点入札者に権利を譲るのです。

ストア(個人でもまれに)の中にはこのような行為を行っている場合が
たまに見受けられます。経験値の少ない情報弱者の内は十分注意して、
あくまで予算内の入札を心がけて下さいね。

ぴよこ
ぴよこ
ぴよこも始めは吊られてたよ。
悪いお姉さんにも良く吊られるわねぇ。
親鳥
親鳥
ぴよこ
ぴよこ
、、、、、。知りません。

一、ストアよりも個人出品者優先

当たり前ですが、ストアーは利益のためだけに出品してます。
まれに安く落札できることもありますが、数は少ないです。

個人でも利益優先の出品者は多いですが、比較的お得に落札
できる可能性が高いです。

私がヤフオクの取引で割といい評価のできるストアーは

・リサマイ (ID:Toomookaanaa)
くらいですねぇ。ここはギター以外でもお得な商品が有りますよ。

あまり言いたくありませんけど、〇ーズド〇ットはガラクタばかり。
商品の手入れも悪いし、手を出さない方が無難です。

注:個人でもギターの写真が1,2枚しかないとか、商品説明がほとんど
されていないような出品物には気を付けて下さい。

⑤こんなギターは落札するな!

一、ネックの折れたギター

あまり見かけることはないですが、ジャンク品として格安で出品されていても
絶対手を出さないでください。素人がリペアーしようと思っても手に負える
物ではありません。

一、押しつぶされたような割れのあるギター

これも、素人が修復できるようなものではありません。
同じ割れでも、直線的に割れているものは、まだ修復のしようが有ります。

一、ジャンク品

こんなにひどいギターはありません。

上記のギターもジャンク品ですが、他にもいろいろなジャンク品が
あります。始めの内はジャンクと記載の有るギターは格安であっても
手を出さない方が無難です

穴の開いているギターや、瞬間接着剤で補修してあるようなギターも
修復が難しいです。

オークションに慣れてくるとジャンク品の中から掘り出しものを
たまに探し当てることができたりしますが、ギターを見る目を養ってから
挑戦して下さい。

ジャンク品の判断

人それぞれジャンク品の判断は異なります。
「ああ、これはジャンクだわ。」と言うギターもあれば
「どこがジャンクなの?」と首をかしげるギターも有ります。

以前ギターのトップのバインディングが2か所剥がれているマーチンの
ooo-28がジャンクとして出品されていたので格安で落札できたことが有ります。
もちろんキレイにリペアして再販し、かなりお小遣いを確保できました。

ギターリペアーの参考書はこれ↓

アコースティック・ギター マニュアル 日本語版 [ ポール・バルマー ]

⑥出品されているギター(出品者)へ質問

出品されているギターについて、写真や説明文だけでは分からない事、
疑問に思ったことは、遅くとも終了日の一日前までに質問しましょう。

出品者も終了の日に必ず入札状況を確認しているとは限りません。
また複数の出品物を同時に管理している場合もありますので
疑問があれば終了の一日前までに質問を済ませるようにしましょう。

それがマナーです。

取引の要望、送料、配送日なども疑問があれば先に解決しておく方が
安心です。

⑦無事に落札してから心がける事

ようやく欲しいギターが落札できました。

でもここからも大事な作業が待ってます。

出品者も落札者もお互いに気持ちの良い取引ができるように
できるだけ配慮してください。

具体的には、

一、出品者から取引開始の連絡が入ったら速やかに返信すること。
(出来るだけ早い対応が望ましいですが、遅くても24時間以内)

一、出品者から送料の連絡があったら、落札金額の支払いもできるだけ速やかに
行ってください。(こちらも土日は除いて24時間以内が理想です。)

一、商品を受け取ったらすぐに受け取り連絡をする事。
(今のヤフオクは、受け取り連絡がないと出品者に入金されません。)

一、評価は出品者が事前に「評価は必要ありません。」と断りのない限り
できるだけ送るようにしてあげましょう。

ネットオークションはお互い顔の見えない取引ですので
どうしても不安な要素が有ります。
以上の事を守り、お互い相手の立場に立って
スムースな気持ちの良い取引ができるよう心掛けて下さい。

さいごに

私も、今までたくさん取引をしてきましたが、出品者にも
落札者にもいろんな人がいました。

大半は良識のある人でしたが、中にはクレーマーのような人や
冷やかし、イタズラ目的の人もいます。

ごく一部ですがネットオークションの世界にはそんな心無い人物も
おります。ですが、せめて私だけはそんな人間にはなりたくない
と思ってオークションを楽しんでいます。

今回はヤフオクでギターを買う場合の手順と注意点を
ご紹介しました。次回は出品者として売る場合の
注意点などを書いてみます。

それでは。

楽器をお探しなら↓

業界No.1のインターネット楽器販売専門サイト石橋楽器店!

ギターのパーツなら↓

初心者に優しいギター講座↓

お役立ち情報カテゴリの最新記事